HOME>レポート>赤ちゃんへの影響を考える〜妊婦さんにおすすめの便秘解消方法〜

赤ちゃんへの影響を考える〜妊婦さんにおすすめの便秘解消方法〜

女性

子宮が大きくなるのが原因の一つ

今までは気にならなかったのに、妊娠した途端に便秘になってしまう方が多いと言われています。何故妊婦が便秘になりやすいかというと、お腹に赤ちゃんがいるので力みづらいことやホルモンバランスも関係がありますが、子宮が大きくなり腸を圧迫して便が出づらくなるのも原因の一つです。これを「直腸性便秘」と言います。便の通り道が狭くなり、ようやく排便出来てもコロコロしたものしか出なかったり残便感が残ったりする事も多いです。こうなると痔になってしまう事もありますし、第一健康上良くありません。何もない状態であれば気兼ね無く便秘薬も飲めますが妊娠中だと赤ちゃんへの影響も気になるところです。なので妊婦さんはいかに薬に頼らず便秘解消していくかが妊娠中の大事なポイントになります。

ウエスト

食物繊維や乳酸菌を積極的に摂る

薬を飲みづらい妊婦が出来る便秘解消方はやはり食事療法です。どういった物が良いのか例をあげていきます。まず食物繊維を多く含んだ食品を摂りましょう。食物繊維とミネラルを一緒に摂れる海藻類がオススメです。ところてんなんかですと妊娠中でもさっぱりとしていて食べやすいです。後は乳酸菌を含む食品を摂りましょう。ヨーグルトや乳酸菌飲料、味噌などの発酵食品に含まれています。乳酸菌は腸の中の善玉菌の一種です。善玉菌を増やすと便秘解消だけではなく、腸内環境を良くして健康にも良いです。妊婦には嬉しい効果ですね。乳酸菌と一言で言っても食品によって菌の種類が異なります。なので色んな食品から乳酸菌を摂ることや、サプリメントもオススメです。もしつわり中であれば無理することはありませんがこれらの栄養を考えて食事しましょう。

広告募集中